休薬時に助かる偽薬 | 低用量ピルで確実な避妊をしよう。服用方法に中止しよう

休薬時に助かる偽薬

悩みがありそうだ

1枚のシートに21錠の低用量ピルが取り付けられている、21錠シートの低用量ピルと、1枚のシートに21錠の低用量ピルと7錠の偽薬が取り付けられている28錠シートの低用量ピル……これらの薬は基本的に同じ服用方法で服用できます。
どのように服用するのかというと、月経初日にシートに1と書かれている場所にあるピルを服用し、翌日以降は同じ時間に2、3、4……という風に、番号に従って服用をしていく、というものです。
そうすることによって、21日目には21錠シートはすべての薬を飲みきり、28錠シートには7錠の薬……偽薬が残った状態となります。
この後、21錠シートの物は「7日間の休薬」を行います。
この休薬期間中に身体は月経を起こし、生理周期を一定に整えることが出来るのですが、28錠シートはこの7錠の薬を同じように1日1錠ずつ服用していきます。

そうすることによって、21錠シートで7日間の休薬を終えたのと同じタイミングで28錠目の偽薬を服用し終わり、翌日以降は21錠シートも28錠シートも、新しいシートの1錠目日ら服用を開始することが出来るのですが、多くの人がどうして7錠も偽薬を飲まないといけないのか……と、先ほどの説明を見た時に思ったはずです。
偽薬を飲まなくても7日間薬をストップさせればいいだけなのに、どうして偽薬を飲むのか……それは非常に簡単な理由で「飲み忘れ防止」のためです。

7日間の休薬を終えた後にきちんと服用を再開できる……という自信がある人であれば、別に21錠シートだけを使用していても何も問題ありません。
ですが、忘れっぽい人からすると、7日間も休薬期間を開けてしまうと、休薬後の服用を完全に忘れてしまう可能性が非常に高いのです。
なので、そのような事態を防ぐために、この28錠シートには7錠の偽薬が取り付けられているのです。