2種類のピル | 低用量ピルで確実な避妊をしよう。服用方法に中止しよう

2種類のピル

腕を組んでいる

正しく服用することによって、非常に高い避妊効果を得ることが出来る避妊薬の低用量ピルと呼ばれる医薬品があります。
このピルという薬を使用した場合、コンドーム以上の避妊効果を得られるため、多くの人がピルを使用した避妊方法に興味を持っていると思いますが、実はこのピルを使用した避妊を行う際には注意しないといけないことがあるのです。
それは、同じ名称のピルでも2種類の薬があり、それぞれ服用方法が若干異なっている……という点です。

同じ名称の2種類のピルというのはどういう物かというと、21錠シートと呼ばれるものと、28錠シートと呼ばれる物がこの2種類のピルになります。
21錠シートの物は、薬が取り付けられているシート1枚に21錠の低用量ピルが取り付けられており、28錠シートのものは28錠の低用量ピルが取り付けられている、という違いが有るのです。
これらは一体何がどう違うのかというと「偽薬の有無」です。

偽薬というのは、別名「プラセボ薬」と呼ばれるもので、服用しても身体に対して何も効果が現れない、現れてはいけない錠剤です。
28錠シートの物は、21錠シートの低用量ピルに、7錠の偽薬が付けられているので28錠となっています。
その為28錠シートも21錠シートも、偽薬以外のピルは成分や薬効が全く同じなので、服用した際に何か違いが有る、ということはありません。
では、一体どうしてこの偽薬が必要なのかというと、この7錠の偽薬が有るかどうかによって、低用量ピルを継続して服用できるかどうか……というのが、大きく変わってくるのです。