飲み忘れに注意 | 低用量ピルで確実な避妊をしよう。服用方法に中止しよう

飲み忘れに注意

落ち着いている

低用量ピルのような毎日服用することによって、非常に高い効果を得られる医薬品を服用する際、最も気をつけないといけないことは何かというと「飲み忘れ」です。
低用量ピルの場合、飲み忘れてしまうと体内のホルモンバランスが元の状態に戻ってしまい、結果避妊効果が無くなってしまうのです。
なので、低用量ピルを使用する際には飲み忘れを防ぐ必要があるのですが、いくら注意していても飲み忘れてしまう時はあります。
そのような時、一定時間内であればまだ間に合うので、飲み忘れてしまったからといって避妊を諦めないようにしましょう。

低用量ピルの服用を忘れてしまったとしても、実は「24時間以内」であれば、薬の効果は続いているのです。
なので、もし飲み忘れてしまったのを24時間以内に気がついたのなら、その時すぐに1錠服用し、翌日はいつもと同じ時間に服用することによって、身体のホルモン濃度を一定に保つことが出来ます。
そして、服用し忘れからちょうど24時間……つまり、まる1日服用し忘れていた場合、避妊効果が若干低下してしまい、服用後1週間程度は妊娠のリスクが高くなってしまうので、性行為をする際にはコンドームを使用するなど、他の避妊法を同時に試す必要があります。

そして、もし服用し忘れてから24時間以上時間が経過してしまうと、体内のホルモン濃度が服用前の状態に戻ってしまい、避妊効果が無くなってしまいます。
なので、もし24時間以上服用を忘れてしまったのなら、現在服用している低用量ピルのシートは破棄し、再度月経が始まった日の初日から、新しいシートを使用して薬の服用を再開させましょう。